おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

たばこ

2011-05-30
今、たばこが凄い事になっている。
大地震の直後から、希望した銘柄が、希望した数だけ入ってこない。
配給になっている。
もともと、たばこの銘柄が多すぎて、たばこを吸わないおかみさん覚えられないほどあった。
どれも、煙が出れば同じじゃないか?なんて思っていたら、たばこ好きは、「味が違う」と言う。
まぁーだからこそ銘柄が増えたんでしょうけど、おかみさんも、事務のお姉さんもおばちゃんも、「この際たばこ止めればいいのに・・・・・・」と言うと、だんなさん「家はたばこ屋だ!!」と威張る。
少しずつ入ってはきたけど、自販機に入れると直ぐに売り切れになる。
コンビニでも、お一人様2ヶまでと制限されている。
通常に入荷されるのは何時の日か?

たけのこ

2011-05-25
お隣のおばちゃん家の竹の子が、今年もたくさん出た。
おばちゃん毎年順番を決めたは連絡をとって・・・・・幼稚園の子ども達が来たり、親戚の人たちが来たりと、毎日賑やかだった。
おかみさんも「明日おいで!!」と何度か声をかけていただいたけど、葬式だったり、集まりだったりで、結局は旬を逃してしまった。
皆が、竹の子に関心がなくなって(俗に言う飽きてきて)から、おかみさん長靴を履いて、帽子をかぶり、スコップを持って”竹の子堀りスタイル”完璧。
すみません今年は時期がちょっとずれました”竹の子”。
まぁー終わり初物と言うことで・・・・・・・・。美味しくいただきました。

つばめの巣崩壊

2011-05-25
陽が伸びてきて、弊店する六時すぎと、日曜日は要注意と思っていた。
おかみさん家の周りのカラスは利口で、人の目がある時は姿を現わさない。
お店を閉める頃現れて、電線に止まり様子を伺っている。
日曜日は特に人気が無いので、カラスのとって好都合なのだろう。
おかみさん遅くになって(9時頃かな?)新聞を取りに行って「やられた!!」と思った。
せっかく作って、卵まであったツバメの巣。
無残に殻も巣も壊れて在った。
グルグルと飛び回っていたのは親ツバメなのでしょう。
懲りずにまた巣を作って欲しいと思う。
毎年のことだけど、カラスの対処方は無いものかなー

収穫の喜び

2011-05-20
事務のオバちゃんのだんなさんは、定年まで大笹牧場の場長さんをしていた。
朝早くから、夜遅くまで、大田原から大笹まで通いとうした。
定年を機に、広い庭にいろんな野菜を作り始めた。この辺で収穫できる野菜は殆どと言っていいくらいの種類を作っては、おかみさん家に届けてくれる。
根菜はもとより、葉物まで、ハウスも持っていて熱心ですごい。
初めて見た芽キャベツやら、イタリアントマト(小指の爪より小さい甘いトマト)だったり、時には花も咲かせてくれる。
何気に、「ごぼうの花って見たことないね!!」って言ったら一本だけ抜かずに花を咲かせて持ってきてくれた。アザミの様な紫の花。
感激でした。
見たり、食べたり、土に触れることで自然に戻れて・・・・・
収穫のよろこびは、何にも優る物なのだろうと思う。
これからも、楽しみに待ってます。

悲しい出来事

2011-05-20
いたずら注文です。
甘酒糀と、味噌の注文がインターネット(ホームページ)に在りました。
毎日注文を確認しています。
御注文があった時は、おかみさんからお客様に確認の連絡を入れてからの発送です。
ところが、何件かの御注文と連休中とあって、携帯に連絡しても繫がらず、とりあえず送りました。
携帯は現在使われておらず、名前は存在しませんでした。ちなみに、住所もマンションはあるのです。
おかみさん初めての経験だったので、ただショックです。
御注文下さる方の、まずは連絡が確認できる事が発送の条件なんだと、ショックでしたが、とてもいい経験になりました。
ありがとうです。」

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日)

0
9
0
0
7
4