本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

乾燥

2019-02-03
今年みたいに乾燥した年が今までにあっただろうか。
壁掛け時計に、時間は勿論の事、曜日、温度、湿度が表示される。
その時計の湿度の表記がLOになっている。
20%を超えると表示されるけど、それ以下はこの時計は設定されていない。
つまりは、20%以下は考えられない事なんだ。
おかみさんは、越冬させるためにいっぱいの観賞様植物をリビングいっぱいに置いて水やりを毎日していても、ウーピーやイモリやドジョウの水槽まで置いてあるのに、全然だめで、カラッカラだ。
おかみさん普段あまり水だけは飲まない。水分は、ほぼほぼコーヒーを5~6杯にお茶程度。
ここにきて、水だけがぶ飲みする日が増えてきた。
この乾燥で、人間の体の水分も出ちゃっているのかな?

初雪が降る

2019-02-03
一月最後の土曜日朝。
もっと積もっているかと思ったら、ほんの少し積もった程度。
午前中の日差しで溶けた。
仕事に差し支える訳でもなく、みんなも仕事に遅刻することもなく、出社できてよかった。
おかみさん雪が好きだ。
子供の頃は、長靴を履いてもダメなくらい、今で言う大雪が降ったものだった。
去年も大寒の頃に大雪(大雪と言っても5~6cm程度)が降ったと朝のコンピューターの一言に記憶されていた。
それも、2週続けての降雪。
今年は、一週間遅れてだったけど、二週続けての降雪は去年と同じだ!
ただ、二回目の雪は、おかみさんが寝ている時に降ったようで、見ていない。
だって、前日サッカーのワールドカップの準決勝の試合を午前一時にまで観戦していて、眠かったので9時ごろさっさと寝てしまった。

奇跡の連休

2019-01-20
工場の仕事は、土曜日と日曜日が連休になる。
お店(酒屋)は、仕事上土曜日休むのは難しいので、日曜日と月曜日を連休にしている。
実際休んではいるが、工場が出勤なので、おかみさんはお昼の準備や出荷の発伝の為、一応出勤してそれなりに仕事。
所が、1月13日と14日が友引だったので、斎場の仕事も無い。工場も土曜日出勤で、誰も出勤しない奇跡の連休ができた。
気持は持ち様で、何もない、何もしない、何とも気が抜ける。
それでも、日曜日は母を叱咤激励に行き、3時間もおしゃべりをして、夜はアジアカップの観戦を12;30過ぎまで。
朝はゆっくり寝坊して、お昼になったのにも気づかず、
ひまな酒屋のおかみのひとりごとになった訳。

人生100年の時代!?

2019-01-20
約20年は学業。
約40年は仕事。
残り20年は第二の人生を楽しむ。”人生80年”の絵に描いた様な考え方が、おかみさん達の年代の人達は考えていた。
最近”人生100年”と聞く。
そりゃー遡って、江戸時代”人生50年”
昭和は、”人生80年”
そして、新しい時代は、”人生100年”だ!
ざっと、160年前(江戸時代に)からすると、倍に人生が伸びている。
その100年が健康寿命であれば良いと思う。
寝たきりの寿命は、看護、介護する側からも、本人にも辛い事だと思う。
”人生100年”良いのか悪いのか、めでたいのか、めでたくないのか、生きてみなけりゃわからない。

平成という時代

2019-01-20
おかみさんは昭和生まれ。
戦後10年が経ってから生まれた。
悲惨な戦争は知らず、高度成長期、オリンピック景気の頃に9歳で、オリンピックを見るのにテレビが家に入った。
昭和という時代は、人が起こした戦争、そして敗戦。が大きく残る。
平成は今年4月まで。5月に新しい年号に変わる。
平成の時代は、自然の災害に左右された時代だとつくづく思う。
24年も前になる淡路大震災、今年8年目になる東日本震災。
そして、台風被害に、記録的猛暑と、天災。
昭和の人的災害。
平成の自然災害。
どちらも避けらえないものだったのか?
新しい年号の時代は、どんなことが起きるのか?
オリンピックが開催され、月や宇宙への旅行とか、新しい星の発見とか。
広くて、大きなワクワクするような時代になると良いなーと思う。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

0
9
8
2
4
3
TOPへ戻る