本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

RSS(別ウィンドウで開きます) 

初盆

2011-08-21
今年の初盆の家は、お店(会社)関係を含めて、29軒あり、その中には伯父伯母も当然あって。
たまたま14日が日曜日だったので、お店は休みでよかったでした。
初盆は、社長が全部歩きました。
おかみさん、日頃お世話になっているお隣さんにお手伝いでした。
お隣さんは、高校の先生をしていた叔父さんの初盆で、おかみさんも、地元の女子高時代は日本史を教えていただいていた、恩師です。
14日だけで、150人もの方が、お線香を上げにおいでになったとか!。
お手伝いをしながら、懐かしい先生方々のお顔もあり、久々にお話しができたりして、忙しかったけど、とても良い一日でした。

五ヶ月が過ぎた

2011-08-12
朝方地震(震度4)に気づいたけど寝ていた。
3・11の大地震からちょうど五ヶ月。
やっぱり来た。
寝る時に、空があまりにも不気味に暗いので、(夜だから、暗いのは当たり前なんだけど、夜の暗さじゃない)どこにも明るさの無い暗さを感じて、子ども達に、「今夜あたり地震来るかもしれないよ!」なんて、冗談を言っていたら、来ちゃった!!。
最近、昼となく夜となく、よく空を見る。
雲の出具合だったり、空の明るさだったりで、何となーく何かを感じるおかみさんです。

家の主

2011-08-12
おかみさん買い物をして帰宅。
遅くなる時は何時も外灯を点けていく。
今頃は決まって玄関に、何匹かのカエルがいるのに、一匹しか居ない
おかみさんに気づいたのか?ピョンピョンと跳んだ瞬間。玄関の鉢植えの陰から、さほど大きくないヘビがパクリ。
””ワォーーーーー””今頃夕飯かい?
おかみさん30年前に岩上に嫁いだ時に、古い味噌工場の屋根に戸んぼ3枚分(ゆうに3mはある)岩上の主に対面したことがある。
お腹にポコポコと何個かの膨らみがあって、どうやら、ねずみを呑込んだ直後の、休憩中に出会った様で、ポカポカ陽気で昼寝だったのでしょう。
今からだと、玄関の主?は何代目?

アブラゼミとひぐらし

2011-08-01
7月末の日曜日はとても過ごしやすかった。
おかみさん、看板犬達と那須のアウトレットに散歩に行った。
ボロボロになりかけていた犬達のリードも買いたかったし、バーゲンもしていたし、
いつもだと、有り得ない夏の昼の散歩。
本当は、一年で一番暑い土用の真っ只中。
うだるような暑さのはずが・・・・・・・・・・ひぐらしの声。
ジィージィージィージィーと鳴くアブラゼミより先に、カナカナカナカナと鳴くひぐらしの声を聞くとは・・・・・。

悔しい思い

2011-07-31
おかみさんのサミット仲間の子ども達は、ガス屋のおかみさんには娘さんが二人。
局長婦人には息子さんが二人。
そして、おかみさんには娘が二人の、息子が二人の四人。
それぞれの歳も、おかみさんの四人の子ども達の中に溶け込むように混ざっているから、仲間の二人の子どもに対する気持ちが、(言いたい事が)手に取るようにわかる。
先だって、お店に来られた友達の話。
「お嫁さんの親は、何でも知っているのに、うちの息子は間際になってから言うもんだから、対応仕切れないときがあって、悔しいったらないの!!。」
涙を浮かべながらの話。
俗に、娘を持たない親は、娘=嫁の気持ちが理解できないと聞く。
「娘ができたようで嬉しい」と言うが、”息子を取られた”って気持ちの方が強いのかもしれない。
おかみさんは、しつけの行き届かない娘を、よくぞ貰ってくれました。って気持ちと、やさしいけど、頑固な息子で、商売屋に良く来てくれました。って思いがあるから、おかみさんけんかはしません。
恨み、辛み類は一切無し。
今のところ、”悔しい思い”はしないで済んでます

看板犬達の高齢化

看板犬達の高齢化

一日の大半を事務所で過ごすパパのコトラ。
ここ半年位前からか、娘か旦那さんと必ず一緒に二階から降りてきて、本当の看板犬をやっている。
特に女性のお客さんの場合、おかみさんがレジに向かう前にお客様の足元によってスリスリして歓迎している。
吠える訳でもなく、すーーっと寄り添う感じ。”かわいいねー”が最高の褒め言葉でがんばっている。
きっと、そのよろこびが良くて、毎日毎日お店に来ているのかもしれない。
コトラを見ていて思う。
犬の世界も、人間の世界も同じなのか?パパ犬が孤独を感じているのかも!?
ママのちーずは7月で12歳になりました。
パパのコトラは3月で10歳になって、息子の大将もいろんな病気はしたけど、今はコロコロメタボ犬で、7月に9歳になります。
人間にしたら、みんなおっちゃん、おばちゃんの歳だから。
おかみさんが頑張るうちは、3匹の看板犬達にも元気で過ごしてほしいと思っているおかみさんです。

綿花とパッションフルーツ

綿花とパッションフルーツ

今年は初めて綿花を植えてみました。
綿花は一日目、オクラの様な淡いクリーム色の可憐な花をさかせ、二日目はピンクに変わる。
実は花に似あわず、小さいけどごつい感じ。綿になるのが楽しみ。
そして、そうそう!!去年のグリーンカーテンの”フウセンカズラ”に代えて今年はパッションフルーツにしてみました。
パッションフルーツはカーテンにぴったりで、大きな葉が何とも言えず涼しげな感じ。事務所の前の一本でも充分ですが、花が一つも咲きません。当然実も成りません。
二階のベランダにも3本のパッションフルーツがこれまた涼しげに葉を広げているけど、花も実も付いてません。
今年の冬はパイナップルと、マンゴーと、新たにパッションフルーツがリビングで越冬するとこになる。
末娘に言われちゃったね!
成らない植物を置くより、桃でも梨でも確実に実の成る木を外に植えた方がいいんじゃないの!?ってね。

楽しみながら描く

楽しみながら描く

英語が話せる様になると、自分が英語で話している夢を見ると誰かがいっていた・・・・
おかみさんもよく絵を描いている夢を見る。
だからと言って上手い訳ではない。
ただ、ここのところ、運転していても、テレビを見ていても”影はどの辺にどうやって入れるのかなー”
”どう組み合わせて置こう”とか!
絵に集中することが多くなってきた。
誰かが”才能は5歳で決まるんだってよ!”っていっていたけど・・・・・
柴田トヨさんは90歳から詩を書き始めて101歳まで書き続けた。
心に残る言葉をいくつも残して。
何かを初めて楽しい時間を持とうと思うのに年齢(歳)は関係ないと思っているおかみさん
なんだっていいよね!何かに集中できる事があるって事は!!

野点

今年もお茶会に参加してきました
天気も良く、絶好の秋晴れで、土佐モミジが今年は散る事もなく見ごろを迎えての中での野点
お菓子の美味しいこと。
お茶のお味もよろしい事で。
時間的にもお昼前で、お腹が空いていて絶好のタイミングのお茶。
去年よりも落ち着いてお茶を点てる長女娘の姿に、親ばかかなー
娘の成長を見た気がして、とても満足な一日でした

今年はコウモリ大発生?

今から5~6年前にカメムシの大量発生があって、夏、網戸にびっしりカメムシが付いていて、殺虫剤を吹きかけておくと、次の朝ベランダに昨夜のカメムシがいっぱいいて……・
カメムシはくさいし、たまらなかった。
今年おかみさん家に珍客。
コウモリです。
廊下の壁に一匹張り付いていました。
おかみさんまったく気が付かずにいたのに、旦那さん曰く、2~3前から居たよ!!って!!
それから一週間後に、廊下を飛び回っているコウモリを、おかみさんの枕で一打。
結局は、外に放してやりました。
害はないコウモリだけど、いい気持じゃないよね!

夜中の出来事

おかみさんが夜中に咳き込むと、パパのことらは決まって隣の部屋で寝ている旦那さんの所に、ドアの下に付いている犬専用のドアを通って行ってしまう。
それが何時だろうとだ!
ところが、息子の大将はこれまた決まって、おまみさんの顔をぺろぺろと嘗め回す。
あたかも、”大丈夫かい!大丈夫かい!”とでも言いたいようにだ。
おかみさんが”もう大丈夫だよ!”と声をかけるまで・・・・・・・・
何とも奇妙な二匹の犬たちの中にいて、ママのちーずは、何があろうと大の字になってお腹を出して寝ている。
ちーずは歳のせいもあるのか、あまり物事に動じない。
ただ、3・11の大震災を知っているので、地震の時だけおかみさんに寄って来る。
時々起る夜中の出来事。

サミット旅行は鎌倉

毎年恒例の秋のサミット旅行は、鎌倉散策と江の島泊でした
鎌倉江の島泊は、中学校の修学旅行以来。
おかみさん学生時代は東京に住んでいたので、何度か鎌倉は日帰りで楽しんだものでしたが、
おかみさん運転のドライブ中心のサミット旅行を、たまにのんびり電車もいいねーとなったわけで、
がんがって一日め鎌倉の小町通りから八幡宮と大仏、長谷寺へと歩きました
二日目は東京のデパ地下で時間を取りたいと思っていたけど、結局、横浜の元町に寄り、キタムラでバッグを買い、中華街でお昼を食べて、結果夕飯のおかずを買うためだけデパ地下に寄り、それぞれ主婦本領発揮、夕飯に間に合う様帰宅。
とても歩いた旅でした。本当にいい旅でした

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

1
1
8
7
7
4
TOPへ戻る