本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

ボケ老人

2010-12-19
ボケとは言い方が悪いけど、そう!!今は認知症。
こんなにも医学が発達しても認知症の進行は止められないのか!
義母がグループホーム」に入所して5年になる。
以前から少しずつ変だった。‘お金が盗まれた。ご飯をまだ食べてない。‘は。
実名で批判をするようになった。普通は嫁に当たりがいくが、幸いなことに我が家は息子(おかみさんのだんなさん)に行ってしまった。
その義母が、自分の子ども達の名前も、孫も名前の、自分の家もすっかり忘れた。
でも、不思議な事に、おかみさんの名前は覚えている。
認知症になっても、
動物的感なのか?人間の本能なのか?
誰が一番面倒をみてくれるのかはよく知っている。

フリージア

2010-12-19
よく行く花屋さんで、フリージアを見つけた。
春先まであるのだけど、この時期はとっても嬉しい発見で、花もかわいいし、香りが大好きで、玄関だったり居間だったりの花瓶に活ける。
今回も嬉しくてつい何本かまとめ買いをした。
花屋のお兄さん、‘うちの母もそうだけど、おかみさんも同じだね。フリージアは、香りを楽しむ花だから、一本あれば充分なんだよ。‘
‘何本もはいらないよ!‘
実は、香りのあるフリージアや、カサブランカや、ストックなどは、獣臭のする我が家には必需品で、子ども達が帰省する度に、‘この家は、すっかり犬の臭いに染まった。‘と言うので、おかみさん気を使っているのです。

ゆず

2010-12-08
近所のおばちゃんに、ゆずをたくさん頂いた。
今月の22日は冬至なので、無傷の物は取っておいて、傷みのある物からゆず湯にして温まろうか!と、実際大きなゆずを3個づつ使って毎日浸かっている。肌にヒリヒリするけど湯上りは、いつまでもホカホカしていて、よく眠れる。
昔の人は、冬至にかぼちゃを食べて、ゆず湯に入ると、脳病み(ボケ)防止になると言っていた。
おかみさんは、年寄りがいっぱい居た大家族に嫁いだので、慣わし的なことは一通りやってきた。
冬至においても、かぼちゃも煮てみんなで食べてきたし、今もそうしている。
でも、実際にボケ老人を(義母)抱えていると、ただの風習みたいな、言い伝えに過ぎない事なのかと思えてくる。

観察と感情

2010-12-04
新聞の連載小説を読んでいたら、50歳の主人公を取り巻く、40歳前後の女性達の容姿、感情をそれは見事に表現している文章に出会った。
自分自身をも遠くから見、他人をもよくよく観察しての表現にほとほと感心させられた。
特に女性は、(女性に限った事ではないかもしれない)妬み嫉み怨みと言った嫉妬心が強い。その心理状態をも見抜いた観察力に、それを表現するとこにびっくり。言う事はできても、文章にする事は、大変なことだと、ブログに好き勝手を書いているけど、55歳になるおかみさん痛切に感じている。
絵も、その時の気分で、色も配置も、細い筆で一本線を引くのと引かないのの違い。今頃痛切に感じている。
えぇー今頃スランプだったりして!!

kannsatu

2010-12-04

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

0
9
4
0
6
7
TOPへ戻る