本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

完璧な人間なんていないよ!

2011-03-02
配達のお兄ちゃんの一人が遅刻した。
仕事が始まっても、何の音沙汰も無い。おかみさん電話した。
「すみません。寝坊しました。すぐに行きます。」
その後、来る様子がまったくない。(多分他のお兄ちゃんの誰かが連絡でもしたのか?)
お昼間際に真っ赤な顔してやってきたお兄ちゃん。
一番若いお兄ちゃんが、「夕べ飲みすぎたんだよね!おかみさんの電話の後、また寝ちゃったんでしょう?!」「完璧な人間なんて居ないからね!!」と。
そんなの分かってる。
それでも、おかみさん、別室に呼んで、「社会人として最低だぞ!!。きちんとした会社だったら無断欠勤は即刻クビだからな!!」と、釘を刺した。
一度ならまだしも、遅刻をする時は、決まって飲み過ぎた時だ。
次回遅刻は、‘クビ‘を勧告したおかみさんでした。
そうなんだ。完璧な人間なんて居ない。けど・・・・・・・・、自覚が無いのは、どんなものか!?

趣味の会

2011-03-02
大田原信用金庫本店の展示スペースに、油絵愛好会のみんなの絵が、3月いっぱい飾られている。
油絵の先生(斉藤先生)も2点ほど出されて、中でも得意の玉葱の絵は、小さい(SM)けど、大きな物(F10)より存在感がある。
おかみさんも2点ほどだした。満足です。
油絵は、何を描いてもどっしりと重みを感じる。(下手は、下手なりに・・・・・・・・・)
みんなで出せてよかったねーと喜び合ってる。

くれない族

2011-02-27
何かの週刊誌に、曽野綾子さんが”くれない族”と言う言葉を書かれていた。
「娘(息子)が、◎△をしてくれない」「何かしてくれない?」と。子どもを頼りにしている気持ちなのでしょうね
‘‘子どもに見返りを求めてはいけない‘‘
‘‘死ぬまで歯を食いしばって働く‘‘
‘‘お付き合いが大変になったら、範囲を小さくすればいい‘‘と。
‘‘好きなことをしなければいけない‘‘と。
おかみさんの年代は、家(店)は継ぐ為にあるとの観念が根強い。
おかみさんも、‘‘ちゃんと家(店)を継いでくれないと‘‘。なんて、くれない族にどっぷり浸かってました。
もうちょっとだけ、歯を食いしばって、働きます。時々好きなことをしながらね。

黄色い花

2011-02-27
春先はなんと言っても、黄色い花が先に咲き始める様だ。
今、見ごろはロウバイに、福寿草、茎の伸びてない地べたを這う様に咲いているタンポポ。
これから、菜の花、連ぎょう、エニシダ、水仙も花芽が出始めた。
日当たりのいい所の梅の花が、ほころび始めた。
身体でも見た目でも楽しめる良い季節が来る。(花粉症の人は、この時期一番辛いと聞くが・・・・・・)
三寒四温とは良く言った物で、もう少し寒い日もあるだろうが、なぜか黄色い花をあちこちで見られると、本当に春がきたなーと思えるおかみさんです。

心臓発作

2011-02-27
看板犬のママのちーずが、ソファーの上で手足を伸ばして、目をうつろにしながら甲高い声で二三度吠えた。
その声が、とにかく異常だった。
慌てて、おかみさんお腹をさすりながら、休診日を承知の上で、みわ動物病院に電話をした。「静かにゆーくりと連れておいで!」と優しい声。
だんなさんに車を出してもらい、助手席でちーずを抱きながら、がんばれ!がんばれ!!と声をかけながら・・・・・・。
みわ動物病院についたら、なんと、ちーず!元気にスタスタと診療室まで歩いて行くでしょう。びっくりするやら、ホッとするやら・・・・・。よかった!。
先生曰く、「病院に着いた時に元気だったら、一時的な心臓発作かなーと思っていたのよー」ってね。
それでも、一通り診察をして頂き、心臓から雑音が聞こえて来ないので、「やせることにしましょう!!」と言う事になった。
本当にびっくりした日でした。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

1
0
0
7
2
8
TOPへ戻る