本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

お雛様寒波と啓蟄

2011-03-09
三寒四温などとは言っていられない。
真冬に逆戻りしたように寒い。
今頃はお雛様寒波とか言って寒い周りらしい。
昼間散歩をしていても、公園内の霜柱が、そのままの原型を保っていて、足で踏んでもシャリシャリと音を立てて、溶ける気配がまるでない。
それでも、富士電機の生垣のサザンカが満開で、春を告げているし、公園内の桜も枝の先を膨らませて、暖かい日が続いたら、どんどん花芽になる気配だ。
つくしんぼうが、ちょっとだけ頭を見せ始めているが・・・・・・この寒さでは伸びるまでにいかないで、ずーーーっと土の中で暖かくなるのを待つのかな?虫達と一緒に。
六日は啓蟄。
冬篭りをしていた虫達が、地上に出て、活動を始める時分なんだからね!!


オオタカ

2011-03-02
国の天然記念物に指定されている”オオタカ”が、最近おかみさん家の酒の倉庫の近くに姿を見せている。
若鷹が獲物を狙う練習をしながら民家に近づくのだろうか?倉庫の裏手の竹やぶに、きじ鳩の巣や、何やらの?鳥の巣が結構ある。
格好の餌場なのかも・・・・・・・・・・・
おかみさん家、建て直す前にも一度オオタカが侵入している。
獲得した鳩の羽をシャッターの前でむしり取っていた。多分人の気配に気がつき、ほんの10cm位のシャッターの隙間に入ったのだろう。
だんなさん大きな網で捕まえて、オオタカの保護管理人に渡した事があったけど、今も、散歩の途中で見かけるオオタカ、心無い人に捕まらなければいいのだけど・・・・・・

完璧な人間なんていないよ!

2011-03-02
配達のお兄ちゃんの一人が遅刻した。
仕事が始まっても、何の音沙汰も無い。おかみさん電話した。
「すみません。寝坊しました。すぐに行きます。」
その後、来る様子がまったくない。(多分他のお兄ちゃんの誰かが連絡でもしたのか?)
お昼間際に真っ赤な顔してやってきたお兄ちゃん。
一番若いお兄ちゃんが、「夕べ飲みすぎたんだよね!おかみさんの電話の後、また寝ちゃったんでしょう?!」「完璧な人間なんて居ないからね!!」と。
そんなの分かってる。
それでも、おかみさん、別室に呼んで、「社会人として最低だぞ!!。きちんとした会社だったら無断欠勤は即刻クビだからな!!」と、釘を刺した。
一度ならまだしも、遅刻をする時は、決まって飲み過ぎた時だ。
次回遅刻は、‘クビ‘を勧告したおかみさんでした。
そうなんだ。完璧な人間なんて居ない。けど・・・・・・・・、自覚が無いのは、どんなものか!?

趣味の会

2011-03-02
大田原信用金庫本店の展示スペースに、油絵愛好会のみんなの絵が、3月いっぱい飾られている。
油絵の先生(斉藤先生)も2点ほど出されて、中でも得意の玉葱の絵は、小さい(SM)けど、大きな物(F10)より存在感がある。
おかみさんも2点ほどだした。満足です。
油絵は、何を描いてもどっしりと重みを感じる。(下手は、下手なりに・・・・・・・・・)
みんなで出せてよかったねーと喜び合ってる。

くれない族

2011-02-27
何かの週刊誌に、曽野綾子さんが”くれない族”と言う言葉を書かれていた。
「娘(息子)が、◎△をしてくれない」「何かしてくれない?」と。子どもを頼りにしている気持ちなのでしょうね
‘‘子どもに見返りを求めてはいけない‘‘
‘‘死ぬまで歯を食いしばって働く‘‘
‘‘お付き合いが大変になったら、範囲を小さくすればいい‘‘と。
‘‘好きなことをしなければいけない‘‘と。
おかみさんの年代は、家(店)は継ぐ為にあるとの観念が根強い。
おかみさんも、‘‘ちゃんと家(店)を継いでくれないと‘‘。なんて、くれない族にどっぷり浸かってました。
もうちょっとだけ、歯を食いしばって、働きます。時々好きなことをしながらね。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

0
9
4
9
3
4
TOPへ戻る