おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

桜と散歩

2011-04-20
嵐のような雨と風で、せっかくの桜が台無しになってしまった。
理想は、そよそよと吹く春風にヒラヒラと舞う花びら・・・・・なんだけど・・・・・・・
今年は、今の世相を反映するかの様な桜の散り方に、現実を改めて思い知ったおかみさんです。
理想はあくまで理想であって、暖かい日に、看板犬達と桜の花びらが舞う公園をゆっくりと散歩。
それでも、これからも春は来るし、嵐の様な天気ばかりではない。
看板犬達の健康を維持しながら、おかみさんの健康も維持しながら、又来る花見の見頃を思って生活をすることにします。

犬の怪我

2011-04-20
”大事に至らない前に何とかしないと‘‘と思っていた矢先の出来事。
パパのことらと、息子の大将の喧嘩が勃発。
息子の右足の爪が一つ取れた。
あいにくの日曜日で、大将が痛がって鳴くわけでもないので、桜の花でも見に行こうと思い、龍城公園まで行った。
それでも、だんだん出血がひどくなり見るに見かねて、みわ動物病院に連れて行ったら、早い処理が感染しないですむし、ばい菌も入らないとの事で、一時預けで、救急で3針縫う手術をしてもらいました。
おかみさんの不注意と言えばそれまで・・・・・・・。
抜糸が済んだら去勢手術を考えている。
先々を考えたら、犬にも前立腺の病気があるので、良い意味で前向きに思う事にした。

犬の注射

2011-04-15
我が家の看板犬達は、とってもおりこうで、狂犬病の注射とフェラリアの薬を貰う為の検査を騒がずに受ける。
まぁー抱きかかえられて、動けないので往生しちゃうのだろう。
それにしても、聞き訳がいい。
看板犬だけあって、お客様が来るとソワソワしながら、尻尾をフリフリ出迎える。
「かわいぃー」を理解していて、「わぁーかわいぃー」の声を聞くと、さらにしっぽフリフリが早くなる。
吠えたり、鳴いたり、噛んだりを一切しないので大丈夫。
人に嫌な思い、特に、暴力的な痛い思いを受けたことが無いので、人に対して警戒心が無い。
家族と家族でない人の区別は誰よりついている。

お花見

2011-04-15
桜が満開に咲き誇っている。
今週は屋台が出て、大賑わいをするはずだった桜祭りが、自粛で中止になった。
同じ日本人として、被害にあわれて、今まだ苦しんでいる人が大勢いるのに、”桜祭りは無いだろう!?”って思っている人もいるだろう。
それでも、自粛ばかりでは回っていかない。
支援物資や、義援金で応援したら、今度は自分達のことを考えないと。
栃木も被災地で、東北が余りにも凄かったから忘れられているけど、回りは相当ひどい被害にあっている。
酒屋のおかみさん家の倉庫も、甚大な被害にあっている。税務署にどう対処するか聞きに行ったくらいだ。(ちなみに、管轄の税務署も、その先の県の税務署も対応が分からず、今だ持って連絡が無い)
この辺で自粛は切り変えて、応援のための、周りのみんなの為の生活支援に変えないと。
一時ではないのだから、長い支援にはストレスを溜めないで、元気で仕事ができて、生活が成り立たないと支援には繫がらない。
飲んで騒ぐのではなく、ゆっくりと桜見物の心のゆとりが欲しい。

市役所崩壊

2011-04-15
3月11日の大地震で、大田原市の市役所が使用禁止(立ち入り禁止)になり、別館だったり、文化会館だったりに各部署が移転した。
期日前投票に行き、市役所の建物が封鎖されて、正面の窓の全てにベニヤ板が貼り付けてあるの見てびっくり。
市の中枢を担う所が・・・・・・。
商工会議所も移転した。
消防署、警察署も、耐震強化をしないと使えないほどになっている。
大田原市の街の風景は一変した。
道路沿いの、今まで塀が在った所が崩れ、家がむき出しになっている、瓦屋根も落ち、これから雨の季節が来るだろうに、一年先も修理の目途が立たないそうだ。
おかみさん家は、倉庫がひどい目にあったけど、この辺も大なり小なり被害地だ。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日)

0
9
2
3
2
0