おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

病院の待合室での会話

2014-09-06
おかみさん月に1回、かかりつけの病院に薬をもらいに行く。
 
今日がその日で
お薬が出る間のおばあちゃん同士の話。
”あんたいくつになったの?”
”90になったんだよ”
”私は80になったんだ”
”あの頃はよかったねぇー!?”
あの頃ってやっぱり
若かりし頃のことなのかとおかみさんきいてたら
”75に戻りたいねー”
 
!!!?
え?75に戻りたいって? ハァー・・・
よっぽどいい事があった年なのかな
 
おかみさんが75才になるまでには
あと16年も生きなきゃなれない年なんですが・・・・・。
 
”光陰矢の如し”で、過ぎてきた事は、
瞬きしている間のできごとのように早く
この先のことは、とても長く感じてしまう。
 
元気のいいかわいいおばあちゃん達の話に
笑いをこらえるのが大変だったおかみさんでした。

あえての親子ゲンカ

2014-09-06
ある酒造メーカーさんの社長さんがおいでになった時に
”私は父とはことごとく合わず、よくケンカをしました。”
と言う。
 
たいがいの知り合いに聞いても
”息子と父親は話しなんてしないよね”
”母親がかろうじてクッションかわりに居るようなもんだよね”
と話す。
 
確かにおかみさん家でも
おかみさんが嫁いだ時に先代の社長が
いろんな所の役員(たばこ組合だったり、酒組合だったり・・・)をしていたけど
ちょうど酒屋も、コンビニか、ディスカウントか業務店かに選択をせまられた時で
酒屋の免許にどっふりと腰まで浸かって、あぐらをかいていた時代だった。
”そんな世の中いつまでも続かない”と
だんなさんは思っていたようで
よくけんかというか、言い争いをしていた。
 
いつの時代もそうで、あえてけんかはしたくないけど
父親と意見があわないのは常と思わなければならない。
逆を言えば、”衝突”するほどいい店になっていくのかもしれない。
生き残る為に。
 

迷子のシーズー犬

2014-08-28
我が家のかんばん犬達は3匹とも同じシーズー犬で
それぞれに顔立ちも性格も3匹3様でおもしろい。
(他の人が見ると同じ顔のように見えるらしい、、、
が!どの子も皆ちがう。)
 
先日、市役所の生活課から
”迷子になったシーズー犬がいるのですが
おかみさん家の犬のとは違いますか?”と。
おかみさん家にはちゃんと居るし
ご近所さんのところも確認した。
もしかしたら、顔見知りの犬かもしれないと思い
写真を送信してもらった。
 
どこにでもいるゴールドホワイトの
しかもきちんと手入れされてるかわいい犬だ。
 
生活課の担当の方は
動物愛護指導センターの回収日だったということで
回収車にその犬をのせたという。
 
おかみさん心の底から怒りがこみあげた。
 
けど、、、、、。
 
迷子になるのには飼い主さんにも当然責任はある。
何をしていたんだ!!と。
 
しかしだ!!
ちっと待つことはできなかったのか!?
 
犬は迷子になっただけで、捨てられた訳じゃない。
それなのに回収車にのせるとは。
 
おかみさん半日仕事が手につきませんでした。
まぁーそれでも、翌日、飼い主さんが愛護センターに
引取りに行ったと連絡があって、ほっとしているおかみさんです。

目は口ほどに物を言う

2014-08-28
犬とのアイコンタクト
人間のことわざだけど、犬にだってあてはまる。
テーブルの上にのって怒られたりした時
”しまった!!”って顔をして目は泪でうるうるになったり。
 
変なところで”ワン”と吠えてみたりする時に怒ると
やっぱり”しまった!!”って顔をする。
 
おやつがほしい時のあのうったえる表情。
犬も人間も同じで顔で、目で表情がみてとれる。
 
おかみさんが病院の予約に朝早く出かける時に決まって
大将がついてくる。
バックを持ったその時には、もう足元に居る。
”じー(´・ω・`)”っとおかみさんの顔を見て
”僕もついて行く”とうったえている。
 
おしゃべりすらできないけど、ちゃんとアイコンタクトはとれている。
おかみさんとかんばん犬達です。

おかみさんの手

2014-08-28
ちょっとしたところでケガをする。
 
ダンボールを片付けていて、角を爪の先にさしてみたり
コピー用紙を補充する時に、紙で手を切ってみたり。
皮膚も乾燥しているので、ちょっとしたはずみでの
切り傷が絶えないおかみさんの手。
 
女性のしなやかさとは、雲泥の差で
グローブのように大きな手だ。
 
若い頃は恥ずかしかったけど、酒屋に嫁いで
ビールを持ったり
酒の一升瓶を持ったりした時に
力のある手でよかったと思ったことがある。
 
今になったら
生まれつきだからどうしようもない事に気づくけど、、、。
若い頃は考えられなかった。
 
手も使っていると、力もつくし
不器用な手も(今だって変わらないけど)ちょっと慣れて
器用なことが少しできるようにもなる。
 
手の甲をみると、その人の年がわかるって聞くけど
シワよりも、シミのような斑点がここのところ
目立つようになったおかみさんの手だ。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日)

0
9
2
2
6
4