本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

奇跡の連休

2019-01-20
工場の仕事は、土曜日と日曜日が連休になる。
お店(酒屋)は、仕事上土曜日休むのは難しいので、日曜日と月曜日を連休にしている。
実際休んではいるが、工場が出勤なので、おかみさんはお昼の準備や出荷の発伝の為、一応出勤してそれなりに仕事。
所が、1月13日と14日が友引だったので、斎場の仕事も無い。工場も土曜日出勤で、誰も出勤しない奇跡の連休ができた。
気持は持ち様で、何もない、何もしない、何とも気が抜ける。
それでも、日曜日は母を叱咤激励に行き、3時間もおしゃべりをして、夜はアジアカップの観戦を12;30過ぎまで。
朝はゆっくり寝坊して、お昼になったのにも気づかず、
ひまな酒屋のおかみのひとりごとになった訳。

人生100年の時代!?

2019-01-20
約20年は学業。
約40年は仕事。
残り20年は第二の人生を楽しむ。”人生80年”の絵に描いた様な考え方が、おかみさん達の年代の人達は考えていた。
最近”人生100年”と聞く。
そりゃー遡って、江戸時代”人生50年”
昭和は、”人生80年”
そして、新しい時代は、”人生100年”だ!
ざっと、160年前(江戸時代に)からすると、倍に人生が伸びている。
その100年が健康寿命であれば良いと思う。
寝たきりの寿命は、看護、介護する側からも、本人にも辛い事だと思う。
”人生100年”良いのか悪いのか、めでたいのか、めでたくないのか、生きてみなけりゃわからない。

平成という時代

2019-01-20
おかみさんは昭和生まれ。
戦後10年が経ってから生まれた。
悲惨な戦争は知らず、高度成長期、オリンピック景気の頃に9歳で、オリンピックを見るのにテレビが家に入った。
昭和という時代は、人が起こした戦争、そして敗戦。が大きく残る。
平成は今年4月まで。5月に新しい年号に変わる。
平成の時代は、自然の災害に左右された時代だとつくづく思う。
24年も前になる淡路大震災、今年8年目になる東日本震災。
そして、台風被害に、記録的猛暑と、天災。
昭和の人的災害。
平成の自然災害。
どちらも避けらえないものだったのか?
新しい年号の時代は、どんなことが起きるのか?
オリンピックが開催され、月や宇宙への旅行とか、新しい星の発見とか。
広くて、大きなワクワクするような時代になると良いなーと思う。

実家の母と気仙沼の叔母

2019-01-20
気仙沼の叔母から、寒さの底で、着ぶくれて”ダンゴ虫”になっている。
足腰がぽよぽよになって、同じ作業をするのに去年の倍の時間が係るようになった。とメールが届いた。
織物”SAORI”の出張教室をやっている従弟の由美さんからも、寒さで、”ダンゴ虫”やら〝ふくら雀”に連日変身しているとのメールが届いた。
御年83歳にもなれば、自分の事が自分でできれば上等。
実家でも母が年明けに、それこそおかみさん家一家がおじゃました時は、元気だったのに、4日に日赤で、顔面神経症と診断され、顔の右半分が垂れ下がっている。治るのに、3ケ月間位かかると。
高齢者、高血圧、糖尿病のひとは、治る確率が低いとも言われた。
母は、2月で86歳になる。
”ご高齢ですよね”とお医者さん言われたことが、ひどい事だと嘆いている。
本当のことを言ってる。

伸びすぎたアマリリス

2019-01-14
お正月に咲いたらいいなーと思って12月に水やりを始めた。
残念ながらお正月に咲かせる事はできなかった。
そして、10日を過ぎてもどんどん茎だけが伸びて、2つ目の花目も出てきて、2本いっぺんに咲きだすのかな?
咲いたら咲いたでお店が華やかに明るくなるので、それも楽しみ。
今の、咲く前の伸びるところが、何とも力強くて思えておかみさんの好きな瞬間です。
毎年のアマリリスがベランダに冬眠中の球根が6個。
暖かい所に出して水やりでもすれば、きっとすぐに芽を出すことでしょう。ベランダのアマリリスは自然に春を待たせる事に。
お店の今のが咲き終わったら、一つずつ出し惜しみしつつ、咲かせるのも良いかも。
おかみさんの所は、那須山の吹きおろしが刺す様に痛く吹く。
これから大寒を迎えて寒さの底が来る。
球根大事に保管しておかないとね。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

0
9
7
2
7
2
TOPへ戻る