本文へ移動

おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

凄い情報!!

2016-02-17
何で?今!イチローズ・モルト。
入手困難の所に、ウィスキーブームで、高価なウィスキーがひっぱりだこだ!
イチローズ・モルトの伊勢丹でのインターネット販売があって、48本限定が開始、3秒で完売したと聞く。
3月2日にも、店頭販売が10:30からあると発表されていて、朝6:00前から並ぶと聞く。
いろいろ情報をくれる通称”スーさん”も”僕もならぶんです!!”と言う。
おかみさん家のお得意さんと言うか、お取引のバーを経営しているオーナーさんも並ぶとか!
国産ウィスキーばんざい!
しかし、特価している情報がいっぱい入ってくる事に感謝です。

スーパーマーケット・トレードショー2016

2016-02-17
栃木県のブースであまさけを出展してきました。
おかみさん3日目に荷物(サンプル)引き下げがてら、マネキンの末娘を連れて帰るべく、車でビックサイトまで行って来ました。
首都高の混んでいることこの上ない。
目の前にビッグサイトが見えているのに、着かない。
ビッグサイトの周りには、路駐の車であふれている。
おかみさん駐車券を持っていたので、案内してもらいましたが・・・・。
中は中で、びっくりするほど人であふれている。
まぁーね!全国規模のマーケットショーだから、バイヤーさんが来ること来ること。
何と!活気のあるマーケットショーだったこと
くやしいけど、還暦を迎えたおかみさんより、若い末娘がブースに立っていた時の方が人が寄ってくる。
帰りも、首都高抜けるのに一時間以上かかったね!!
良い経験をさせてもらいました。

ヒイラギイワシ

2016-02-07
2月は、おかみさん家が月番で、回覧板や市の広報紙を配って回る。
一軒一軒回っていると、節分の名残りで、玄関にヒイラギの木の先にイワシの頭を乗せて置いてあるお宅が何軒かあった。
おかみさん、”アーよかった!!”って心から思った。
組内はたった10軒なんだけど、50パーセントの確率で昔ながらの風習を守っている。
年と共に、そう言ったことが減っていく、若い人に、次の世代に引き継がないおかみさん達の年代にも問題が有るとこなんだろうなー!!
男衆が集まる”庚申様”や女衆が集まる”十九夜さま”がもう何年も前に無くなっている。
今でいうお茶会の様なもんなんだけど・・・・今は今!!か

節分 2016

2016-02-07
おかみさんが嫁に来た時には(今から35年も前のことだけど)ひいらぎんの木に8ケ頭のイワシを指してドア(戸)の入り口に刺して、豆まきをしていました。
今は、お店や倉庫や玄関等6ケ所の入口にヒイラギイワシをガムテープで貼って済ませている。
びっくりしたのは、去年のイワシがそっくりガムテープで貼られたままあるとこで、出入り口なので、いつでも目に付くところにあるのに、取るタイミングがなくて、二か所取り直して新しいイワシにしました。
豆は去年はおかみさん還暦厄年だったので、大きな声で”福は内、鬼は外”播きました。
今年は末娘が大きな声で、たっぷりとまいてくれました。
最後は、毎年のように看板犬達が全部食べてくれました。

おばあちゃん!?

2016-01-24
おかみさんには、今年5月で2歳と、8月に2歳になる孫がいる。
もしかすると、6月か7月にもう一人孫が増える予定で・・・・・うれしい。
だから、実際にはおばあちゃんなんだけど、今の所、同居していないので実感がない。
仕事や、遊びに追われていて、まして、サミット仲間や、食事会をする仲間には、同じ年なのにまだ孫の居る人がいない。
日々孫の世話をしている訳じゃないから、尚更実感がないのかもしれない。
そんな時、長女の孫が通っている保育園の園長先生と、銀行でバッタリお会いして、”まぁー優ちゃんのおばあちゃん”って。
”誰のコト!!”
”アー私のコト”なんて。
おかみさんもっと実感しなきゃいけない。なんて!

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日・月曜(不定期))

0
9
5
5
8
2
TOPへ戻る