おかみブログ

酒屋のおかみの独り言

立冬

2017-11-07
10月7日は立冬でした。
春は一雨ごとに暖かくなる。と聞いていて、秋は、一雨ごとに寒くなる。と聞く。
暦の上では冬になりました。
それでも、とっても暖かい立冬でした。
文化の日がその前にあり、芸術だったり食欲だったりの催し事が多く、おかみさん家も産業文化祭に出店して、去年に引き続き豚汁とあまさけを売りまくりました。
大盛況の内に完売し、無事終了。
良い年で終われそうです。

この歳になってわかる事

2017-11-07
今年の木枯らし1号は、10月末には珍しい台風22号が発生し、猛烈な勢いで日本を駆け抜けていき、その結果、去年よりも10日早く吹き荒れた。
いつも、いや、毎年、”春一番”だの”木枯らし1号”だのと聞くけど、この歳になって木枯らし1号は、風速8m以上の北寄りの強い風が吹いたときに言うらしい。
テレビを見ていても、看板だの紅葉した葉っぱだの、葉っぱも顔に当たると痛いらしい。
そして、もう1つ覚えた事がある。
粗品と寸志の違い。
目上の方に持参するのが粗品。
目下の人に持参するのが寸志。
今まで、目上の方であれ、目下の方であれ、お世話になった時は寸志で済ませていたけど間違いだと教えていただいた。
まぁーおかみさんの歳になるとほとんどが、寸志で通ってしまいますけど・・・・・・。

我が家の看板犬たち ビフォーアフター

2017-11-03
看板犬のパパのことらは、最近ダンディーな歩き方を散歩のときにする。もう12歳だから歳と言えば歳であわてた歩き方、おっとり歩きがダンディーなのか?
 
それよりママのちーずが14歳と4ヶ月を迎えた。
耳の方はもう聞こえていない様だ!!
シーズー特有の〝すっとぼけ”とはちょっと違う。
目だけは見えている。
食欲だけは誰よりもあるので安心。
 
ちーずの場合、いつもの場所をいつものように歩く事で身体が覚えていて、家に近づく頃は駆け足で自宅に向かう。
慣れとはいいものだ!
 
息子の大将はダイエットに取り組んでいるけど、おかみさんが甘やかしているので結果ダイエットにはほど遠くメタまっしぐら。
 
先日トリミングしてきれいになっている。
トリミングに行く前のビフォーアフターです。(model.ことら)
 

裏磐梯へのサミット旅行

2017-10-22
今年は裏磐梯にいってきました。
紅葉は白樺の白い幹に黄色い葉がロマンチックで街道沿いの中に時々真っ赤なもみじが表れて、まだ少し早かったのかな?そのグラデーションが何とも言えず、五色沼の深いエメラルドグリーンは見た事がないほどの感動でうっとり。
心が洗われて自然の力を感じました。
 
檜原湖のほとりの裏磐梯レイクリゾートホテルは高級感があり、食事も大満足でした。
 
去年以来(金沢に行ったとき)のサミット旅行で、さりゃー小学校の時からの長い付き合いだから、何年続いているの?って感じで、車の中から寝る時までずーーーっとおしゃべり。
遠くにいこうが近くに行こうが、同じなんだなーと今年も思った旅行でした。

若い人と50代と60代

2017-10-22
そりゃぁー知力・体力・やる気全て若い人が良いに決まっている。
 
先だって、兄貴が山梨の孫の運動会に行き、熱中症で倒れた。
周りのみんなもびっくりしただろうし、たまたま運動会の父兄の中に看護師さんが居たらしく、適切な処置をして下さり、大事に至らずにすんだ。
 
兄貴を見ていて思った。
4月に40年近く連れ添った姉を亡くし、父の13回忌や姉の納骨式だったのと、あわただしく夏を乗り切り、その疲れが今頃になって出たのだろう。
 
体力は有るつもり、やる気も有るつもり、知力は歳を重ねれば豊富にもなってくるけど、忘れる事も年と共に増えてくる。
まだまだ大丈夫だと思っているだけ、つもりなだけなんだ。
だからといって、若い人が全て良い訳でもない。
いろんな年代が組み合わさり、一緒になって暮らし生活していく事で、気が付くこと、刺激を受ける事、伝わる事等いろいろある。
おかみさん50代と60代の違いを大いに感じている。
でも、この年代60代嫌じゃない楽しい。

有限会社岩上商店
〒324-0062
栃木県大田原市中田原1238
TEL.0287-22-2224
FAX.0287-22-2236

────────────────
1.味噌製造・販売・委託加工販売
2.糀販売  
3.業務用酒類卸
────────────────
営業時間/AM9:00〜PM6:00
(定休日:日曜・祝日)

0
9
2
2
6
4